豊島区池袋を中心に賃貸マンション・アパート、売買物件の仲介、任意売却をサポートします

site map1

2

3

任意売却.com 

センチュリー21広宣 フリーダイヤル:0120-87-3303 TEL:03-3980-0003
センチュリー21広宣 賃貸マンション・アパートのご紹介 大家さん募集 売買マンション・一戸建て・土地の紹介 売主様の募集 任意売却・任意売買 会社紹介
HOME > 不動産の基礎知識 > 不動産登記簿謄本とは
センチュリー21広宣 営業時間:9:00〜19:00 定休日:水曜日,第2火曜日 TEL:03-3980-0003
センチュリー21広宣へのお問合せ
■

不動産登記簿謄本とは

登記には不動産登記、船舶登記、商業登記等がありますが、不動産の登記簿についてお話します。
不動産の登記簿には土地登記簿と建物登記簿の2種類があり、土地は一筆(1区画)ごと・建物は一棟ごとにそれぞれ記載されています。
不動産登記簿は土地・建物に関する所在・面積、所有者の住所・氏名、その物件の権利関係等が記載されていて、登記簿謄本とはその写しのことを言います。
不動産登記法により公示が義務付けられているので、手数料(登記印紙で納付)を払えば誰でも交付、閲覧が可能です。
■

登記簿謄本の取り方

不動産の登記簿謄本を取得するには以下のような方法があります。
1.その不動産の所在地を管轄する法務局(登記所)で取得する
2.法務局(登記所)から郵送で取得する
3.インターネットで閲覧できる
□

法務局で取得する

不動産の所在地を管轄する法務局(登記所)で指定の申請書に記入し、法務局内の印紙売場で登記印紙を購入して提出することで閲覧できます。
このときに不動産の地番もしくは家屋番号が必要になります。地番・家屋番号とはその不動産の所在地を示すもので、私達が普段使っている住所(住居表示)とは異なるので注意が必要です。
地番・家屋番号がわからない場合には、法務局に備え付けてあるブルーマップや公図で調べることができます。
□

法務局から郵送で取得する

不動産の所在地を管轄する法務局(登記所)に申請書、返信用の切手、登記印紙を送付することで、登記簿謄本を取得することが出来ます。
登記印紙については法務局の印紙売場または登記印紙を取扱う郵便局で購入することが出来ます。
□

インターネットで閲覧する

登記情報提供サービスを実施している法務局に関しては、インターネットを利用して登記簿謄本と同内容の登記事項証明書を閲覧することが出来ます。
□

【関連リンク】

 □法務省の登記・供託インフォメーションサービス
  登記簿謄本の取得方法、郵送による取得方法の説明
  申請書類等のダウンロードがあります

 □東京都法務局
  東京都の法務局出張所の場所等が調べられます

 □インターネット登記情報提供サービス
  インターネットで登記事項証明書を閲覧できます
  対応している法務局についてもこちらで確認できます
■

登記簿謄本の見方

不動産の登記簿には、「表題部」「甲区」「乙区」の3つの項目で構成されています。
□

表題部

その不動産の地番・家屋番号・所在・地目・地積・種類・構造・床面積等の、土地または建物に関する情報が記載されています。
□

甲区(所有権に関する事項)

甲区には不動産の所有者の移り変わりが記載されています。また所有者が所有権を取得した原因(売買・相続、贈与等)についても知ることができます。
原則として最後の欄に記載されている所有者が、その不動産の現在の所有者になります。
□

乙区(所有権以外の権利に関する事項)

乙区には所有権以外の権利に関する事項が記載され、乙区にされる登記を権利に関する登記といいます。
その不動産に対して抵当権や地役権の設定がある場合、抵当権者・債権額等がここに記載され、不動産を担保にローンを組んだ場合等には抵当権設定が乙区に登記されます。
□

共同担保目録

乙区に担保設定の記載があり、かつ同欄に「共同担保 目録(X)第XXXX号」等の記載がある場合、共同担保が設定されています。
共同担保とは、その不動産のみでは金融機関の融資額の担保としては不足している場合や、複数の不動産でなければ価値があまり無い場合等に設定されます。
共同担保目録はそれら同一の抵当権等の担保として設定された複数の不動産を目録として記載したものです。
↑ 不動産登記簿謄本とは TOP
センチュリー21広宣 東京都豊島区東池袋3-20-21広宣ビル1階 免許番号:東京都知事(6)47184
TEL:03-3980-0003 E-mail:kosen@century21kosen.co.jp
■当サイトについて
■個人情報保護方針